手作り赤しそジュース

キレイな色合いが美しい「赤しそジュース」です。赤しそがたくさん手に入ったので母親が作ってくれました。思ったより簡単で、しかもた〜くさんできたので、しばらく楽しむことができそうです。この写真のものは出来上がったジュースを4倍から5倍に薄めたものです。原液のジュースは後ろのアジサイよりもっと濃い赤紫色なのですよー。なんてキレイなんでしょ〜〜♪

2007年・画像付き赤紫蘇ジュースレシピはこちら>>

今日の器
グラスはイタリアのチェルベ社のオッティゴ 10オンスタンブラーです。

赤シソジュースレシピ

*材料********
赤しその葉 ・・・300g
・クエン酸・・・20g(酢の場合2カップ、レモン汁の場合3個分)
・砂糖・・・500〜800g(好みで加減)
・水・・・2リットル

*作り方*********

赤しその葉を摘み取って水洗いする。
鍋に分量の水を煮立て、クエン酸を溶かし、赤しその葉を2〜3分煮出す。
鮮やかな色になったら葉を取り出し、ジュースをこして砂糖を加え、20〜30分煮つめ、熱いうちにビンに詰める。
我が家ではクエン酸の変わりにレモンを入れました。

-------
※6月22日追記
常温で保存するのには、酢で作るといいそうです。レモンだと常温ではなく冷蔵庫で保存し早めに飲みきってください。お酢で作って賞味期限は1年です。

クエン酸だと手に入りにくいので、お酢で作るレシピを追記しますね。
赤しその葉を摘み取って水洗いする。
鍋に分量の水を煮立て、赤しその葉を入れて強火で煮立てる。煮立ったら中火で20分ぐらい煮て、火からおろし、こす。
鍋に戻し、砂糖、酢を入れ強火にかけ、その後20分ぐらい煮詰める。

作るときのお鍋はステンレスかホウロウがいいそうです。
-------

生命力旺盛な赤しそのパワーを、旬の時期に体に取り込むのは体にとってもいいのです。簡単に水でわってもいいし、炭酸でわったり、焼酎などでわっても美味しいです。レモンやミントを浮かべるのがオススメです。赤しそジュースは一時期ブームだったので、手に入りやすいかもしれませんが、やはり手作りで作ったものには敵わないのではないかしら。作りながら、赤シソの美しい色にも〜〜ぅ感激!出来上がったらすぐ飲めるのも嬉しいのです^^

ためしてガッテン:過去の放送:常識が覆る! クエン酸 ホントの健康パワー

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL