カフェモカ

カフェモカ

ブラジル カルモシモサカ
コーヒーモルティブ下北沢さんのブラジル カルモシモサカでカフェモカを作りました。

+++
ブラジル ミナス・ジェライス州カルモ・ド・パラナイーバ市にある下坂農場で栽培収穫された珈琲豆です。昭和31年にブラジルに移住した下坂匡さんが、日本の珈琲ファンに最高のブラジルコーヒーを味わって頂こうと丹精込めて作り上げました。(参照:コーヒーモルティブ下北沢
+++

とても香り高い珈琲です。バランスのとれた甘みと苦みがさらりと爽やかに舌を通り過ぎてゆくのに、一呼吸ぐらい後にほんわりと軽やかな苦みが、また舌をくすぐります。珈琲を口に含み飲み干したあとの余韻を楽しむ。このリズム感がなんとも心地よいのです。上質な珈琲は五感を刺激してくれます。あー気持ちよかった。

あ、でもですね、ここのところ素食生活が崩れ気味で五感が鈍ってきちゃってるのを感じました(汗)体を過保護にすると五感がどよーんとだらけちゃうんです。過保護っていうのは食べ過ぎ、運動不足などのことです。風邪もなかなか抜けてくれないし少し「カツ!」を入れなければ!

今日の器
ボロミオリオスロ(OSLO) カプチーノ
月兎スリムポット
NICO ティースプーン

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL