常備菜/鶏皮とゴボウのこってり煮・大根葉と油揚げと桜海老の炒り煮

常備菜

■鶏皮とゴボウの梅煮■
■大根葉と油揚げと桜海老の炒り煮■

一枚だけ残った油揚げ、大根の葉っぱ、たくさん買っちゃったゴボウ、蒸し鶏のとき剥がした鶏皮…。冷蔵庫を開ける度に「あー何かに使わなくっちゃなー」って気になってた食材を集めて常備菜作り。

常備菜/大根葉と油揚げと桜海老の炒り煮
「大根葉と油揚げと桜海老の炒り煮」

サッと湯がいた大根の葉を細かく切ってギュッと絞ったものを、油揚げと桜エビと一緒に胡麻油で炒めて、酒と醤油で味付け最後に白胡麻を振るだけ。

炊きたてご飯に混ぜたり、納豆に混ぜたり、卵焼きの具にしたりとちょっと冷蔵庫にあると便利な常備菜です。
桜エビの替わりに「じゃこ」を入れたり、ナンプラーを入れたりするのも好き。
「鶏皮とゴボウのこってり煮」

ゴボウと細切りにした鶏皮をみじん切りにした生姜とともに炒め、梅ジャムと醤油、酒、みりんで甘辛く味付けした常備菜。

梅ジャムは梅シロップを漬けたときの梅をジャムにしておいたものがたっぷりあるので使ってみました。良い照りが出てコクが出ます。

ゴボウは縦半分にしてから斜め切りにしましたが、笹がきにすれば混ぜご飯の具やチャーハンの具にもなります。卵でとじて丼にしたり、たっぷりのネギと一緒にうどんの汁に入れても。
常備菜/鶏皮とゴボウの梅煮

今日の器
器というか保存瓶。苺マークがお馴染みのWECK(ウェック)
・上:Tulip Shape 500ml-L
・下:Mold Shape 300ml-L
上の瓶に立てかけてある蓋が付属のもの。密封されるものではなくて乗せる感じの蓋。下の瓶に立てかけてあるのが別売りのプラスティックカバーできっちりと密封できる蓋。
Mold Shapeのほうは蓋を外してスタッキングしておけるので便利です。佃煮や漬け物などの保存には250mlを、しらすやじゃこなどを入れるのには80mlを使ってます。

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL