本日のうちランチ

パンダ豆と雑穀のマリネ甘とう美人と椎茸の炒め煮かぼちゃとツナのサラダ
パンダ豆と雑穀のマリネ甘とう美人と椎茸の炒め煮かぼちゃとツナのサラダ
パンダ豆と雑穀のマリネ
柔らかく煮たパンダ豆、茹でた雑穀、蕎麦米、みじん切り玉葱を甘酢とレモン汁、粗挽きコショウでマリネ。色々な食感が楽しめます。

甘とう美人と椎茸の炒め煮
甘とう美人というジャンボししとうみたいな野菜(道の駅茂木(栃木)で購入)としいたけをめんつゆ(総菜だれ用めんつゆレシピ)で炒め煮に。甘辛でご飯がすすむー!

かぼちゃとツナのサラダ
かぼちゃを小さめにカットしたものをクック膳 で4分ほどチン。ツナ缶(ここの使ってます)とマヨネーズとカレー粉、ナッツ、塩、こしょうをして混ぜれば完成。栃木が誇る「中山かぼちゃ」なので蒸しただけも充分美味しいので調味料は控えめに。

パンダ豆(シャチ豆)ブラックアイビーンズとは違う!と思う。自信がないけど。道の駅田園プラザ川場(群馬)の直売所で可愛さに惹かれて購入したパンダ豆。別名シャチ豆とも呼ばれているらしい。豆の模様ってなんて素敵なんだろう。いつも色々な豆を買っては透明な容器に入れて飾っておくのだけど、食べるのも好きなので鑑賞できるのはほんのわずかの間だけ。道の駅:田園プラザ川場(群馬)


このパンダ豆はネットでもなかなか購入できないみたいで残念。ブラックアイビーンズという豆もパンダ豆と呼ばれているようだけど、模様も大きさも違うようだわ。

…と、そんなこと思いながら全部茹でて食べちゃったのだけれども…。
どんだけ道の駅が好きなんだ!ってぐらい道の駅が登場してますが、毎週末にドライブがてら野菜を仕入れに行ってます。週に一度どどーんと野菜を購入して1週間使い回し。足りなくなったときは近所の農協で補充。
半年ぐらい前から食材宅配を利用するようになって買い物に出かけることがなくなって楽ちんです。というか近所のスーパーじゃ買うものがない(買える品質のものがない)から。現在利用しているのは「らでぃっしゅぼーや」と生協。豆腐や納豆など大豆製品、練り物、ハム・ソーセージ、調味料、雑穀類、缶詰、お茶類などはらでぃっしゅで。肉や魚はらでぃっしゅと生協で半々。その他食材はネットで注文
それほど狂信的に無添加!無農薬!有機!にこだわっている訳ではないです。スーパーで売られている加工品は買わない、コンビニ弁当は買わない、「道の駅や農協の野菜を買っている」ぐらいのレベルのこだわりでございます…。

マグロと長ネギのチーズ焼き

まぐろと長ねぎのチーズ焼き

青のりに見えますがパセリです!!ハーブビネガーと塩でマリネしておいたマグロの切り身をサッと洗ってから適当に切り、小麦粉をまぶして(ニンニクの香りを移した)オリーブオイルでカリっと焼いてから取り出しておきます。太めの斜め切りにした長ネギ(1本半ぐらい)を炒めた上にマグロを戻してゴーダチーズをのせてから蒸し焼きに。

この間シーズニングしたスキレットで焼いてみた。
具材を入れても温度が下がらないのでネギを炒めても水っぽくならなくてあー旨かった。


マグロの刺身が余っちゃったわ…ってときにでも是非お試しを。
普通の酢でもたぶん大丈夫だし、塩だけでもいいし(なんていい加減…)

魚だけじゃなく塊肉(鳥ももや胸、ささみ、豚バラやもも)も塩で漬けておくと美味しくなる。ささみなんか一晩塩漬け(ちょっとだけ砂糖も)にしておいてからささっと塩を洗い流して、ネギの青い部分としょうがが入った沸騰した鍋に放り込んで蓋を閉めたら直ぐに火を止めてしばらく放置。これでパサパサ知らずのぷりっぷりのささみの出来上がり。
ささみは一晩ぐらいで充分。それ以上だとちょっと逆効果な気がするので。

豆とひじきとさやいんげんのマリネ

豆とひじきとさやいんげんのマリネ

ミックスビーンズの水煮(大豆、チクピー豆、金時豆、青大豆)とさやいんげん、味付けしておいたひじき、玉葱のみじん切りをマリネにしました。

マリネ液は作り置きの甘酢に粒マスタードとアーモンドオイル、粗挽き黒コショウを合わせたもの。

ひじきは生ひじきを麺つゆで下味を付けし冷凍ストックしておいたもの。ミックスビーンズの水煮は市販のもの(らでぃっしゅぼーやにて購入)。いんげんは筋を取って茹でたものです。

作り置き甘酢はこちらのレシピで作っています→E・recipe:調味料レッスン 2 「甘酢」
この分量で作った甘酢を半分に分けて保存瓶に入れ、片方には和風に昆布を、もう片方には洋風にピクリングスパイスを入れています。

これがとっても便利で特に今の時期には大活躍してくれます。
きゅうりをスライサーでシャッシャと切って、塩もみしてからギュッと絞ってこの甘酢(和風のほう)をかけるだけで立派に一品が出来上がり。一緒にしらすやツナ、ハムなんかと一緒にすると美味い。

洋風のほうはオイルをプラスしてドレッシングのベースとしてつかったり、レモン汁や白ワインをプラスして焼き野菜をマリネするのもオススメ。

ついでに我が家の総菜だれ用の麺つゆレシピを。
・しょうゆ…150cc
・日本酒…150cc
・みりん…100cc
・砂糖…大1
出汁パック…1パック(削り節1パックと昆布10センチでも)

これを全部一緒に中火にかけて、煮立ったら弱火で3分ぐらい煮立たせば出来上がり。これを煮物のベースにしたり、きんぴらやゴーヤーチャンプルなどの炒め物に使ってます。



調味料はこれを使用しています
マルシマ 有機杉樽しょうゆ 濃口 900ml自然郷 こんにちはの料理酒 720ml愛知三河みりん 700ml【酢】 千鳥酢 900ml
無添加、混合だしパックメール便対応MAILLE 種入りマスタード 210gアングリアピュア アーモンドオイル250mlフルーツバスケット 喜界島きび糖 1kg

ごま味噌だれ素麺

-----------------
ごま味噌だれ素麺
-----------------

夏はやっぱりこれ。こっくりと香ばしい濃厚なごまだれで素麺を喰らう。
薬味をたくさん添えれば一品料理だって見劣りしないし。
これだけじゃってときは枝豆と豆腐、とうもろこしを添えるぐらい。

ごまだれ作成中−胡麻を炒るの巻きベースになるめんつゆを作って冷やしている間に胡麻を炒ります。中火ぐらいでフライパンを揺すったりスパチュラなどで絶えず動かしながら。10ハゼ(弾ける)ぐらいがいいらしいです。しかーし胡麻を炒るのは難しい…。

炒り上がったらすり鉢でもくもくと胡麻をする。扇風機をかけると胡麻が飛んでしまうので、このときばかりは冷房をがんがんかけながら。テレビでも見ながらじっくりと油が出るぐらいまですります。

行儀は悪いのですが、いつもすり鉢を足でかかえるようにして固定しながらすってます。
胡麻がすれたら、ホイルに薄くのせてトースターで軽く焦げ目が付くまで焼いた味噌とラー油を入れて混ぜるように擦ります。そしてダマにならないよう、麺つゆを少しずつ混ぜていけば出来上がり。冷蔵庫で冷やしておきましょう。

薬味として絶対かかせないのは塩もみしたきゅうり。細切りにして塩をふって水気が出たら軽く水洗いしてぎゅーっと絞る。これを食べるときに汁に入れながら食べると歯触りがなんとも涼やかー。
胡麻をするする果てしなく。修行のようです。
材料(4人分・たっぷりめです)
めんつゆ
・出汁・・・600cc(我が家はこれで
・しょうゆ…150cc
・みりん…150cc
・砂糖…大2
----------
・西京味噌…大2
(白味噌以外のときは量を調整)
・洗い胡麻…200g〜250g
(炒り胡麻でも)
・ラー油…小1(お好みで)

使用した調味料はお買い物一覧へ。
めんつゆの作り方

しょうゆ、みりん、砂糖を火にかけ砂糖を溶かしみりんのアルコール分をとばし火を止め、出汁を混ぜる。出汁をとるのが面倒なときは調味料と一緒にかつおぶし50g入れて煮立たせて漉す。

我が家のは砂糖が入って甘め。ラー油を入れると味が引き締まるので是非入れてみて。かわりに白コショウでも味が締まる。暖かい具がたっぷりの汁のときはいつも白こしょうを入れてます。

薬味は白ネギ、青ジソ、ミョウガ、おろし生姜、塩もみきゅうり、蒸し茄子。蒸し茄子は縦に8等分してから半分に切ってレンジで蒸したもの(クック膳で)。
もう少しボリュームが欲しいなってときは豚をしゃぶしゃぶして冷やしたものや、蒸し鶏を添えてどうぞ。ごまだれに良く合います。もちろんお酒にも。
ごまだれが余ったら胡麻油や酢、生姜汁などを入れて冷やし中華だれにしても美味しいです。


冷え冷えの金時豆の甘煮と寒天

------------------------
寒天−金時豆甘煮と一緒に
------------------------

お肌ツルツル金時豆甘く煮た金時豆と糸寒天で作った寒天をキンキンに冷やして食べた。
うんまー!です。
豆類は大好きなので、わりとよく煮たりします。今回は皮が破けないように少し丁寧に作ったのだけど、金時豆は皮が破けちゃってぐずぐずになったぐらいが美味いよね。
寒天は一度に1リットル分作って切り分けてタッパーで保存してます。氷と一緒に寒天を入れて、きな粉をぱらり黒蜜たらーりして食べると、暑い日は生き返りますなー。



糸寒天:去年のブームで叔父が大量に購入したものを貰ったもの。まだまだある…。
金時豆がふっくら美味しく炊けました。

簡単なレシピで申し訳ないですが我が家流で
一度茹でこぼして水気を切った金時豆を、少しの塩と倍量の熱湯と一緒にポット(水筒)に入れて6時間から8時間ぐらい置いてから、漬けておいたお湯と共に柔らかくなるまで煮ます。
柔らかくなってから同量の砂糖(我が家はきび糖と黒糖で)を何回かに分けて煮て、塩、しょうゆを少し入れて煮れば出来上がり。

砂糖を入れてからはあまり煮ないで、豆が煮汁から顔を出しそうになったら火を止めてそのまま余熱で味を染み込ませてます。ですのでなるべく保温性の高い鍋を使ったほうがいいと思います。我が家は5層の無水鍋を使用してます。

今日の器
カルディエ社 トルチェロ ボウル 10.8cm
カルディエ社 トルチェロ プレート 14.6cm